« 1か月がかりの修理 | トップページ | 2007年5月20日 豊明市・名古屋市天白区 »

2007年5月19日 (土)

ハイバンドのQSO、こんな楽しみ方もあります!

今月に入ってコンディションが上がり、ハイバンド(14~28MHz)を隅々までワッチされている方も多いことでしょう。

ところで、私はハイバンドの電離層反射が期待できない1~3月でもハイバンドでQSO数を重ねています。それは、相手が目の前にいる、いわゆるインサイダーQSOではありませんし、愛知県には14~28MHz CWの追っかけ局は全くいません。しかも7MHzですら国内に飛ばない、真冬の23時台でもQSOしています。どのようにハイバンドでQSOしているのか、その様子を紹介します。

---

衛星のLOS後、144.051MHz CWでCQを出していると、携帯電話が鳴る。

「○○市ありがとうございました。14upお願いしま~す」

この時点でHFのアンテナは用意していません。トランクからモービルホイップを取り出し、装着。1分後、14.060MHz CWでCQを出すと、ちょっと速めのCWでJ□4■○▼局からコールが…。QSBがあり、ピークで579、平均で539~559といったところ。レポートを送り、QSY UP TU EE…でQSO成立。間髪いれずに、J◎3◎□▽局から遅めのCWでコールが…。安定して強く、599の時もあり。5NN FBとレポートを送り、QSO成立。18.090MHzにQSYし、以下28.060MHzまで繰り返し…。

---

注目すべき点は

  1. コンディションや時間に関係なく、相手側に開けている場所で、ビート等が無ければほぼ確実に成功する
  2. こちらはモービルホイップ、出力10W。SWRが調整されており、リグにプリアンプ+DSPが付いているため受信感度は良好。ダイポールを上げればSが2~3上昇し、受信がかなり改善される。
  3. 10~28MHzの範囲で信号強度はほぼ一定。Esのように高い周波数で突然聞こえなくなる事は無い。
  4. 中途半端にEsが出ていると失敗することがあるらしい(これから検証してみたい)

あっ、相手の局がどんなアンテナを使っているのか、各自でご確認ください(笑)。ハイバンドにはこのような楽しみ方があるのです。19県、20県、22県あたりは用済みですので、2501市内でどなたかやって頂けるとうれしいです Hi

|

« 1か月がかりの修理 | トップページ | 2007年5月20日 豊明市・名古屋市天白区 »

移動運用」カテゴリの記事

コメント

144/430 と比べてはるかにゲインが低いのですが 50 の HB9CV を上げました.20 年ほど前に WACA 寸前までやりましたので,JCC を集めているわけではありませんが,遠くと GW で交信出来ると単純にうれしい.というわけで東にロケーションのよいところでは 50MHz のサービスもお願いします.

投稿: WBB | 2007年5月20日 (日) 00:47

誰のことかすぐ分かっちゃいますね(笑)

投稿: JI5RPT/7 | 2007年5月20日 (日) 20:30

>WBB
50MHzでは浜松を越えるのが難しいです。
18県に遠征した時にでもお願いします。

>RPT
2400upお願いしま~す、なんてのもありそう(笑)

投稿: JO2ASQ | 2007年5月20日 (日) 23:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハイバンドのQSO、こんな楽しみ方もあります!:

« 1か月がかりの修理 | トップページ | 2007年5月20日 豊明市・名古屋市天白区 »