« 1.9MHzモービルホイップ 調整のテクニック | トップページ | 2008年2月29日 豊田市 »

2008年2月27日 (水)

50Wリニアアンプ

CQオームさんのBlogによると、FT-817シリーズ用リニアが近いうちに発売されるようです。

これ、ものすごく気になります

大移動で短時間に多くのQTHから運用する時、コンディションが悪いと、信号が浮いてくるまでの「待ち時間」が発生して、それだけ交信できる時間が短くなってしまいます。時間を有効に使うために、50WにQROして何とか交信できるチャンスを増やせないか…と最近は切に考えています。

ところが、現行機種の50Wのリグは消費電流が大きく、バッテリーの消耗が早くて、皆さんかなり苦労されていると聞きます。さらに、私が触ったことのあるリグのうち、IC-703は受信感度・聞きやすさが最高で、まさに「鬼耳」レベル。それに加えて消費電流が並外れて小さいのです。そのため「50Wなら、このリグが欲しい!」という決め手が見つかりません。IC-703で年間8,000QSO以上できていますし。

モノバンドのリニアを自作しようと試みてはみたものの、現実的にはパワーを上げるより「短時間で設営できて効率の良いアンテナ」の開発の方が優先順位が高くなってしまいます。

また、移動用のリニアはマルチバンド化が難しいという技術的な制約があります。「電源電圧60Vで1.9~28MHz 50Wのリニア」なら図面が書けるのですが、電源電圧12Vとなると設計が容易ではありません。

FT-817用リニアの中身を知りたいです。企業秘密でしょうか Hi

|

« 1.9MHzモービルホイップ 調整のテクニック | トップページ | 2008年2月29日 豊田市 »

自作」カテゴリの記事

コメント

外付けアンプだと、フルブレークインはムリだと思うのですけど

投稿: kimtaq | 2008年3月 2日 (日) 20:59

フルブレークインは無い方が、呼び倒しが聞こえなくて良いかもしれません

投稿: JO2ASQ | 2008年3月 3日 (月) 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 50Wリニアアンプ:

« 1.9MHzモービルホイップ 調整のテクニック | トップページ | 2008年2月29日 豊田市 »