« No title | トップページ | EIRP=1Wが得られる新方式? »

2010年2月16日 (火)

135kHzプリアンプ

アイコムのIC-706系統は135kHzの受信感度が極めて低く、実用的ではありません。そこで次のような2SC1815を使ったプリアンプを使っています。

135preampcirc 135khzpreampgain

135kHzでトロイダルコアを使ったコイル(トランス)を製作する場合、巻数が多すぎて製作困難(あるいは非常に高価)になることがよくあります。そこで安価なFB-801#43を2パラにして出力トランスにしました。約22dBのゲインがあります。

トランスを低周波用のFT-50#75に替えた結果も示します(注:#75は導電性のため、UEWで巻くとショートする可能性が高い)。100kHz以下ではデータシートから期待される通り、利得があまり低下しません。しかし135kHzでは、FB-801の方が高利得でした。しかも安価です。

|

« No title | トップページ | EIRP=1Wが得られる新方式? »

135kHz」カテゴリの記事

自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183043/47584418

この記事へのトラックバック一覧です: 135kHzプリアンプ:

« No title | トップページ | EIRP=1Wが得られる新方式? »