« 2010年4月30日 北海道2日目 | トップページ | 2010年5月2日 北海道4日目 »

2010年5月11日 (火)

2010年5月1日 北海道3日目

01075a010333日目は待ちに待った晴天。ものすごい強風の中、小樽市VO-52から活動開始。小樽市は南側が山なので、石狩市との市境など特別な場所に行かない限りSATの難所です。

続いてサテライト初登場町村の余市郡赤井川村へ。予想通り凄いパイルでSSBチェンジの余裕はありませんでした。虻田郡喜茂別町で低いVO-52西パスを狙うも、羊蹄山の仰角を見誤ったようで途中から聞こえず。AO-27で町村サービスできました。

01010601006eHFは廃バンド。岩内郡や磯谷郡のリクエストもありましたが逆方向になるので、札幌市南区の中山峠へ。道の駅東側の雪捨て場が南区であることをカーナビと標識で確認し、7MHzと10MHzでWAKUサービス、さらにAO-27へ。ところどころ雪が残っており、ノーマルタイヤで空転する所もありました Hi

明るいうちに有珠郡壮瞥町の下見をするため早めに移動。ここは平地が少なく、場所の選定を誤るとサテライト、ローバンドとも苦戦を強いられます。ローバンドでは様似郡、幌泉郡と同様に多くのリクエストがあったのも、そのためでしょう。

01011b 洞爺湖の沿岸は立木が茂っておりサテライトには適していません。とりあえずキャンプ場の駐車場に停まり、景色を窺っていると観光案内板を発見。すぐ脇の林道を上がると展望広場があるとのこと。スペース的にも申し分なくラッキーでした。

伊達市からは海岸ロケとなり、VO-52の北上パスはAOS前から聞こえていました。防波堤があったためAOS前にはループが通らなかったようで、こちらのループが通ると用意ドンの大パイル Hi

予告を出していなかったVO-52西日本限定パスは室蘭市から。ここはアンテナの位置から海面が見えており、JH4MGU局はAOS前に、JH4PQM局はちょうどAOS時刻前後に交信できました。

|

« 2010年4月30日 北海道2日目 | トップページ | 2010年5月2日 北海道4日目 »

移動運用」カテゴリの記事

コメント

ビーコンが聞こえ始めたと同時にASQさんが出てくるはずの周波数を必死で聞いていました。
 さすがにMGUさんには勝てませんね。

投稿: PQM | 2010年5月11日 (火) 21:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183043/48334181

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年5月1日 北海道3日目:

« 2010年4月30日 北海道2日目 | トップページ | 2010年5月2日 北海道4日目 »