« AO-7が使えます | トップページ | 2010年10月31日 幡豆郡3町 »

2010年10月25日 (月)

2010年10月24日 名古屋市天白区・北区

2001032夕方から北区の水分橋緑地で135kHzの運用を予定していました。ここは非常に広いスペースがあり、理論上は135kHzのダイポールも張れます Hi

しかし、またしても雨。私が135kHzの移動を予定すると、異常な高確率で雨が降ります。コイルが雨で濡れるとインダクタンスが狂って使い物になりません。これが135kHzを運用する上での最大の障害です。1エリアで移動がある時は、私の都合が悪い、退去命令が出た、2エリアだけ雨、というパターンが続いています。なお今週末も雨の予報です。

昼間、7MHz CWで名古屋市WAKU移動を考えていたところ、候補地の一つだった瑞穂区で運用されている局を発見。天白区での運用に変更しました。後から考えると、千種区か名東区も需要がありそうでした。機会があればまた行きます。

7MHzはすごいQSBで、+30dBくらいで呼んできた局が一瞬で弱くなり、パイルになるとフルコールを一発コピーするのに苦労しました。

北区では土砂降りの雨。磁気嵐の影響もありローバンドのCONDXは良くありません。しかしノイズは無く、弱い信号でも楽に聞き取ることができました。久々に1.9MHz PSKを運用、なんと3月の姶良市以来でした。また、今後多くの場面でお世話になるであろうAO-7も運用。J-クラスタに上げたところ、SATでは1stの局とも交信。この方はHFでいつもお世話になっています。初期のAO-7での運用経験があるのでしょうか。

VO-52の後の地上波は、ダクトが出ているようで16県から37県まで大漁でした。

|

« AO-7が使えます | トップページ | 2010年10月31日 幡豆郡3町 »

移動運用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010年10月24日 名古屋市天白区・北区:

« AO-7が使えます | トップページ | 2010年10月31日 幡豆郡3町 »