« 2011年9月19日 道北移動3日目 | トップページ | 衛星通信デビュー5周年 »

2011年10月 2日 (日)

2011年10月1日 知多半島移動

マイクロ波で土岐市・三国山以外とのQSOを目指して、知多半島に出かけました。

愛知県は高い山が少なく、特に1エリア方面に飛ばせる場所が限られています。数字の上では、山の少ない県は他に存在しますが、愛知県の場合は北と東にそれより高い山があり、標高に見合った利点は感じられません。同一県内特記でマイクロ波の移動運用を行うには、47都道府県の中でも特に条件の悪い県の一つではないかと考えています。

と、余談はさておき、知多半島か渥美半島しか選択肢がないので、V/UHFお手軽系の移動でよく聞く常滑市の本宮山に行ってみました。結果は…新しく出来たばかりの駐車場は閉鎖されて意味無し。北側のロケも悪く、お化けポールを上げれば何とかなるかな、という程度の場所でした。

とりあえずVO-52を常滑市の前山ダム公園で運用。1200MHzを聞こうとしたところ、かなりの強風で、アンテナを固定するスタンド(キャンプ用ランタンスタンドを改造)が倒れそう。1200MHzと2400MHzは車内から手持ちアンテナ、何か聞こえたらその都度対応することにしました。

以降の運用は7MHz RTTYと10~2400MHz CWのみ。常滑市では8時台からScで28MHzまでQSOに成功。CONDX UPを期待して半田市の半田運動公園へ。

前回来た時と比べて、砂利が敷かれて整地されておりFB。北側のロケが悪いのと、真上に送電線があることを除けば、ここは東西両方向に開けている貴重な場所です。実は、半田市の10~28MHzは未運用で、大いに期待しました。ところがCONDXが落ちてしまい見事に外れ。

午後からの知多市は少しだけ持ち直し。夕方には帰らなければならず、東海市と知多郡は通過して、ハイバンドの需要がありそうな名古屋市南区へ。ここも最悪よりは少しだけ良いかなというCONDXで16時過ぎまで運用しました。

この日は途中参加も含めて地元局4局からオールバンドで呼んでいただき、CQ空振りが長時間続くことは無く、それなりに忙しい運用でした。

強風の影響(というより、気合不足…)でマイクロ波は目立った成果無し。2400MHzで1QSOでした。

|

« 2011年9月19日 道北移動3日目 | トップページ | 衛星通信デビュー5周年 »

移動運用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011年10月1日 知多半島移動:

« 2011年9月19日 道北移動3日目 | トップページ | 衛星通信デビュー5周年 »