« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月29日 (火)

2011年11月26日 8J3SIMAI/3 長浜市

8j3shimai23038J3SIMAI/3 長浜市(兼 BBQ)へのお誘いがあり、行ってきました。

WW CWの最中でCWは混み混み、CONDXも悪くHFは10MHz止まりでした。私の運用分で何とか200QSO確保。楽しいお話をありがとうございました。各局の移動設備も参考になりました。

8J3SIMAI/2 はどうか、という話もありました(実際にはありません) Hi

帰りは岩倉市でVO-52と地上波を運用しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月23日 (水)

2011年11月23日 あま市・津島市

2039shf東京UHFコンテストを最初の1時間だけでも聞きたくなり、お手軽移動しました。場所的にはUHFで飛ぶような場所ではありませんけれど、同一市内で迎撃移動をされたJF2IMUさんのご厚意により、10GHzまでの通信実験ができました。

あま市では距離が遠かったようで10GHzはNG。オール九州コンテストが開催されていたので10MHzに出ようとすると、10.135以下がノイズで使えない状態でした。

津島市では10.1GHzまで交信できました。なお、UHFで1エリアの局は確認できませんでした。こちらにアンテナを向けることは無いでしょうけれど…。

20393 200935600MHzは1W 15エレループ、10.1GHzは70mW オチョコ単体です。10.1GHzのEIRPは5600MHzよりも30dBほど小さいです。私の5600MHzと10.1GHzの信号強度は、50Wと50mWを比較するような違いがあると思います。パワーアンプとアンテナの強化が急務です。

これまで、5600MHzまでは同軸切替器と電源スイッチを常設して、すぐに運用できるようにしていました。10.1GHzは同軸と電源の両方を差し替える必要があるので、帰りに大須に行き、電源ケーブルを分岐させるための部品を追加。これで、同軸ケーブルの差し替えだけで10.1GHzにQSYできます。

東海QSOコンテストや東海マラソンコンテストで、10GHz1交信20点の準備ができました。(ただし、来年の東海QSOコンテストは大移動の予定あり…)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月21日 (月)

2011年11月19日 JARL岐阜県支部大会

海津市はHFでの需要度が高いようで、移動運用の方も期待して出発。

7時半過ぎに会場に着いてすぐ、HFとSATを運用。強風でアンテナが倒れる上に、東側は堤防があってV/UHFは全く飛びませんでした。なお、7MHzや10MHzで至近距離から多くの局が出ていたため、昼間はHFの運用を行いませんでした。SRI

560010ghz 建物の3階からの眺めは素晴らしく、JA2RL/2の7MHzはツェップアンテナ、144MHz5エレ、430MHz15エレは名古屋方向のビームで運用されていました。ここのテラスで運用すれば確かに飛びそうです。

駐車場では来場されたJF2IMUさんと5600MHz、10.1GHzの各バンドで初のQSO。特に10.1GHzは通算2QSO目、1QSO当たり5万円? 5600MHz、10.1GHzともTCXOを入れており、CWのチャピリは目立つものの、周波数合わせは容易にできました。マイクロ波のCWでは、隣の車が相手でも周波数を見つけられないことがよくあります。今後ともよろしくお願いします。

120010ghz_2この日は出番がなかった135kHzも持参していて、135kHz~10.1GHz+SATの18バンド送信可能状態を初めて公開しました。

最近、支部大会のジャンク市で軍用のガイガーカウンターをよく見かけます。しかし、売る方も聞く方も話がチンプンカンプン。売れるはずがありません。野尻blog(=JQ2OYCさん)に、この手の機械の解説があります。ご参考に。

#50%ほどの確率で故障している、って…(^^;)

2011gifu抽選会は参加者が多く、2巡目まで粗品が配られた滋賀県とは違い、何も当たりませんでした。残念。

話題

  • レンタカーで連続50W運用する方法について: レンタカーで1日12時間以上、ノイズ無し、チャピリ無しで、50W出力での運用が可能です。発電機を持っていくのではありません。これについては、あまり公表したくない裏話があります。詳しくは直接お問い合わせ願います。
  • CWのさばき方: 全国各地でパイルをさばいていますので…。
  • 1200MHzのオールモード機について
  • 某携帯は北海道では使える場所が少ない。年末の移動では苦労するかも。それよりも寒さに耐えられるか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年11月15日 (火)

2011年11月11-12日 野々市市 その2

11日(1日目)午後の部

昼食後、市役所で記念撮影。その後、中央公園周辺を散策し、各局がどの場所で運用しているか見当をつけました。市街地で運用していて、どうしても見つけられない局もいました。

15時からの再開は28MHzで。近距離のScがそこそこの強さで、1エリアや0エリアの特定の方向からはエコーがかかり、3エリアは通常の聞こえ方。ロングパスです。符号がエコーで重なり合い、1回で識別が難しい信号もありました。0エリア某局は野々市市までロングパスで飛ばしてきたようです(^^;)

Scの収束は意外に早く17時にはハイバンドが聞こえなくなりました。ここで7MHz RTTYを投入。18時台の3.5MHzも1分2QSOの快調なペース。18時のVO-52の後は144/430MHz地上波で粘り、3.5MHz RTTYを経て1.9MHzへ。20時のVO-52は16QSO、ようやく通常のペースになってきました。その後の3.5MHzでもパイル、最後は1.9MHzで北海道や長崎とQSOができました。

3012212日(2日目)

バッテリーを充電するだけの目的で金沢市内のホテルに素泊まり。7時過ぎに第1希望だった場所に到着。土曜日の朝の7MHzは、この日から乗り込んだと思われる市内局も出てきて満員になり、10~28MHz CWの巡回と、RTTYが主となりました。

スケジュールQSOの依頼が何件かあり、そちらを優先して運用しました。直接来られてのQSO、近隣の市から出られるバンド全て、V/UHFで山から迎撃など、追っかけのスタイルも様々。V/UHFは設備がショボいので1エリアまでなかなか飛びませんでした。

ここでトラブル発生。IC-7000Mが突然煙を吹き、パワーが出なくなりました。オーバーヒートか。この日は気温が高かったこと、13.8Vのフルパワーで連続運用したこと、RTTYの運用が増えたことが影響したかも。予備機を持ってきており以降の運用に支障はありませんでした。

午後からは14MHz以上のCONDXが悪く、あまり呼ばれなくなりました。7MHzや10MHzは常時誰かが出ている状態になり、カブリがあるため不用意にCQを出せません。アマチュアバンドよりも日本シリーズのワッチに熱中したのは内緒(^^;)

午後のAO-7は29MHzのノイズレベルが高く、SSBが全く了解できませんでした。SRI

16時過ぎに3.5MHzに出てみると、7エリアや8エリアからも快調に呼ばれました。この季節、東日本は日没が早いのですね。そして17時前に1.9MHzもできました。最後は3.5MHz RTTYで終了。

設備

  • 1.9MHz: 最初の1時間半のみ40m、その後は20m LW
  • 3.5MHz: 20m LW
  • 7~28MHz: 2.5m釣竿アンテナ レンタカー仕様
  • 50MHz: HB9CV 5mH
  • 144MHz: 三脚6エレ 50W
  • 430MHz: 三脚12エレ 35W

1バンドくらい気合の入ったANTが良かったかも…これでは3.5MHzが最強(^^;)

結果

Nonoichi

野々市町116QSO 野々市市1,320QSO

2日目はパイルが分散するので呼ばれません。交信数だけなら、夏の北海道で道の駅の無い市町村を全バンドローラー移動する方が、多いかもしれません。

課題

  • バッテリー(50Ah×2)+アップバーターの組み合わせで、電池の容量は1日持つけれど、充電が一晩で追いつかない。電流容量の大きな充電器が必要。あるいは発電機導入か。
  • ロケの関係でV/UHFは苦戦した。29県と30県の境界付近に山があり、3エリアが予想以上に難しい。
  • 2日目、天気が良かったのでHFはダイポールを上げれば良かった。手抜きし過ぎ。
  • RTTY連続運用は出力50%でもリグに負担が掛かるらしい。ご近所で運用された某局もRTTY運用でリグが故障した模様。
  • 50MHzが2エレなので飛びません。これは何とかしたいです。50MHzの有名移動局のANTを初めて拝見しました。短めの5エレ? この程度は持っていても良いかも。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年11月13日 (日)

2011年11月11-12日 野々市市 その1

10日(前夜)

石川郡野々市町の最後のSAT、10日20:00のVO-52に間に合うように到着。ところが、10月の移動で下見していた第1~第3候補地には、いずれも先客がいました。そのため、行き止まりの農道(場所)を急遽確保し、CWでのカブリが少ないことを確認しました。

雨の予報だったもののまだ降っておらず、ハイバンド最後のサービスのためDPを上げてみました。しかしScの気配は全く無く、10MHzで6エリアの1局のみ。40mワイヤーを張ってローバンドに備えます。その間、石川郡V/UHFのスケジュールQSOも行いました。

1.9MHzは40mの逆L型ワイヤーをSWRがほぼ1になるように微調整したものです。受信感度は抜群。ご近所さんが1.9MHzで出ており、1.9MHzであまり聞いたことの無い局が試しに呼んでいるのが全て聞こえました。ご近所さんは呼ばれても反応がありません。

予告通り3.5MHzの上の方の周波数で始めるため、23時30分過ぎから周波数を確保します。23時59分、既に交信済みの局がQRSで呼んできて交信を引き延ばし、「UR QTH IS  JCC 3012?」などと打ってきます。この時点で0時の時報。大慌てで切り上げてCQを出すと、私がこれまで参加した新市祭りでは最大クラスと思われる大パイルに。しかしまぁ、JA1K**局、空気が読めていないのでは。0時の時報を過ぎるとパイルになることを知らないのでしょうか?

11日(1日目)午前の部

6エリアの新市祭りでは、ある地域が局地的に入感することが多く、「聞こえていない局」の識別がある程度可能なため、比較的パイルのコントロールは楽です。A局とB局が呼んできて、B局が呼び倒し、しかしB局の信号がA局にはあまり強く聞こえないと分かれば、B局の呼び倒しを無視してA局と交信すればよいわけです。

今回は近距離もよく開けており、1エリア・3エリアあたりのハイパワー局が呼び倒しするとコントロールが難しかったです。3.5MHzでは最初の1時間で111QSO。0時台のSO-50はさすがに無理でした。その後の1.9MHzは29QSOで早く収束。

その次のサテライト、02:42のAO-51まで仮眠。このパスは7L3AEOさんしか出ておらず、新市最初のサテライトQSOとなりました。

03:52のAO-7はMEL10°の低いパス。この1パスのため、雨の中29MHzのDPを上げました。AO-7は2QSO。農道に展開していたローバンドのアンテナは、雨が降り始めて泥だらけになると予想され、この時点で泥の無い場所に退避させました。アフターSATでV/UHFのスケジュールQSOの後、1.9MHzへ。静かでした。5時台のAO-7は13QSO。

新市祭りの楽しみ方として、早朝の7MHzのオープンをいち早く察知して、他の運用局が静かなうちにパイルをさばくことがあります。7MHzで06:18に8エリアと交信、その後、07:37にAO-7のため中断するまで大パイルが続きました。最初のVO-52は平日でパイルは薄く、29QSOという普通の移動運用並みでした。

今回の特徴として、7MHz CWの局が多いことが挙げられます。VO-52の後、08:15から次のパスで強制終了する09:24まで、ずっと7MHzで呼ばれ続けました。09:39に10MHzにQSY、10MHzのパイルも厚く、14MHzへのQSYは10:30。午前中に28MHzまで巡回できました。

前日は特別な休養も無く、午前3時台から12時まで不眠不休で呼ばれっぱなし。こうなることは予想していたので、12~15時の3時間は予告して昼休みとしました。降り続く雨の中、記念写真を撮るため市役所へ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

野々市市速報

11日の様子

3012

  • IC-7000Mが煙を吹いて故障 酷使に耐えられなかったか?
  • 推定1,500QSO

12日18:59 VO-52は能美市でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 8日 (火)

野々市市移動予定

11月8日更新

  • 日時
    • 11月11日(金) 00:00-12:00, 15:00-21:00
    • 11月12日(土) 07:30-18:00
  • 運用周波数 1.9~5600MHz CW, 3.5~430MHz RTTY, サテライト CW/SSB/FM

サテライト時刻表

11日

  • 00:36 SO-50
  • (02:42 AO-51)
  • 03:53 AO-7
  • (04:20 AO-51)
  • 05:43 AO-7
  • 07:50 VO-52
  • 09:26 VO-52
  • 18:42 VO-52
  • 20:18 VO-52

12日

  • 06:34 VO-52は地形の関係上、見えません。
  • 08:07 VO-52
  • 09:45 VO-52
  • 18:59 VO-52…野々市市以外を予定、20時VO-52は運用無し。

※FM衛星は、当日の状況次第で出るかも。

※VO-52の後は、144.051/430.051MHz CW

  1. 天候やコンディションにより、変更・中止の可能性があります。
  2. 運用周波数は339カスカスNetでアナウンスします。J-クラスタの書き込みに関係なく次々にQSYします。
  3. 11日の12:00-15:00は「昼休み」にします。新市1日目の平日は、あまり呼ばれないので…。
  4. 10日の22時以降に到着予定。石川郡野々市町のサテライト最終パスには間に合いません。
  5. 3.5MHz CWは3.515MHz, 7MHz CWは7.015MHz付近で運用します。これは3.510, 7.010MHz付近に他の局が出られるようにするためです。
  6. 7MHzは、他局へのカブリ防止のため出力を低減することがあります。
  7. 東側に山があり、1エリア向けのV/UHFは厳しい条件です。
  8. アイボールQSO等のため、予告無く停波する場合があります。
  9. 11日深夜の無理なリクエストはご遠慮ください(前日は仕事があり、睡眠時間を確保したいので。)
  10. 135kHzは雨天のため運用が困難と思われます。

お知らせ

HFの運用中に突然停波する場合があります。おそらく次のどれかです。参考にしてください。

  1. 衛星にQSY
  2. 至近距離で全バンドQSO
  3. 訪問者(職質を含む)
  4. 暴風雨によるアンテナ倒壊(過去の新市祭りではありました)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月6日 JARL滋賀県支部のつどい 大津市

8j3simaiオール滋賀コンテストに「ポータブル8」で入賞。表彰式の案内が来たので、行ってきました。

雨が降っており、大津市で自分のコールで出ても需要が無いため、ここでの運用実演は無し。

記念局8J3SIMAI/3の運用が行われていました。12月4日までの免許で、CWではほとんど運用実績がないとのこと。

Shiga20117MHz CWではIC-7000Mで識別できない凄いパイルに。1時間で120局さばいて、ようやくCQ空振り。このコールサインは打ちにくい Hi。カードの余りもあるそうなので、今後、アクティブに運用されることを期待。

帰りは会場に近い某局のシャックを訪問、東海マラソンコンテストは養老SAから足跡を残しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »