« 2012年9月9日 JARL静岡県支部大会 藤枝市 | トップページ | 白岡市移動予定 »

2012年9月17日 (月)

2012年9月16日 愛知県西部移動

Esは期待できないこの時期、午後のSc狙いで移動しました。

台風接近で蒸し暑さを感じる強風。時々雨が降ってきて、窓を開けておくにも注意が必要でした。熱中症対策の飲料とクーラーボックスを持参しました。

20003a2午後のFO-29は、今まであまり運用していない所に行こうと考え、海部郡大治町に行ってみました。コンディションは予想通り、24MHzと28MHzはビームアンテナ組としかQSOできず。SAT後の地上波は、名古屋駅の高層ビルに向けてみたら1エリアが強力に入感しました。この技はコンテストでも使えるかも。

続く稲沢市、ここもカスカス。

津島市の田んぼから28MHzで2QSO。

愛西市では、稲沢市の時よりは少しコンディション上昇。でもカスカス。

弥富市では、ようやく28MHzで常連の局から呼ばれるようになり、10MHzも近距離が開けてきて1QSO/分を超えるペースに。

猛暑で少し疲れたので、道の駅で水分補給した後、海津市へ。HFはダイポールを上げてみるも、全く効果が無く、見事に廃バンド。最後はVO-52に出て終了しました。

なお、雷雨等が予想され、いつ中断してもおかしくない状態でしたので、RTTYには出ないで早周りを優先しました。

---

弥富市での運用後、MFJ-4416B(DC12V→13.8Vコンバーター)を、消耗したバッテリーから充電済のバッテリーにつなぎ替えたところ、煙がモクモクと!! どこかのショートか、リグの電源スイッチONのまま操作したことが原因かは分かりません。

30Aヒューズがよく切れるので、30Aのブレーカーに付け替えています。交流30A用のブレーカーが直流30Aで動作するかは分かりませんが…。これでは意味が無いですね。

内部を見ると、ダイオードが焼損していました。

Mfj_diode

回路図によると、トランス出力の全波整流用ダイオードMBR2545(ショットキーバリアダイオード 2素子、45V 25A)です。秋月電子で上位互換品が入手可能で、これで修理してみます。新市移動には間に合いそう。

---

9月19日追記

焼損した整流用ダイオードを交換してもNG。パワーMOS-FETを交換してもNG…。

出力端子から抵抗を測ると常に0Ω。その辺りをよく調べると、出力側のサイリスタの短絡でした。サイリスタの足を切り離して測ったので間違いありません。

出力が15Vを超えると、定格55Aのサイリスタで出力をショートして入力側のヒューズを飛ばす、という設計であることが分かりました。

問題は、そんな大容量のサイリスタは、通販では扱いが無いようです。大須のボ○トンかタ○イムセンならありそう…。しかし時間が無いので、思いついたのが…(続く)

|

« 2012年9月9日 JARL静岡県支部大会 藤枝市 | トップページ | 白岡市移動予定 »

移動運用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年9月16日 愛知県西部移動:

« 2012年9月9日 JARL静岡県支部大会 藤枝市 | トップページ | 白岡市移動予定 »