« 2013年7月15日 大阪から滋賀コンテスト参加 | トップページ | 2013年7月28日 田原市 »

2013年7月23日 (火)

2013年7月21日 丹羽郡大口町ほか

「今年の夏は寒い」という読者の方もおられると思うので、念のため申し上げておきますと、名古屋は毎日34℃以上の日が続き、普通に暑い夏です。

このような猛暑の中、どのように移動運用するかは考えどころです。朝はCONDXが悪そうなので、昼食をガッツリ食べて午後から移動を考えました。

丹羽郡wantedの某局が迎撃態勢との情報を入手し、丹羽郡大口町へ。10MHzで空振り連発。あきまへんコンディションです。7MHzは枯れておらず、そこそこ呼ばれます。28MHzは弱いScが効いていて比較的楽に交信。ハイバンドはポツポツと意外な所から呼ばれました。

アイスクリーム休憩の後、次は小牧市。10MHzはドカンといかないまでも、CONDX上昇の気配。10MHzから始めて28MHzまで上がり、最後に7MHzに出るパターン。

小牧市から次の北名古屋市に移動する途中、使用中の充電器から焦げ臭い香りが発生。バナナプラグが接触不良で発熱し、端子が溶けていました。ただでさえ熱くなる炎天下の車内。そこで最大電流を流すとこんなことに。

この場所は確か駐車場があったはず、と思って行ってみたらプールがあって超満員。ただ15時過ぎになると帰宅するお客さんもおり、空いたスペースに駐車。

ここでも同じように10MHzでパラパラと呼ばれ、28MHzまである程度呼ばれ、最後に7MHzで締め。

続いて岩倉市。某局の愛知県SATラスト1という情報があったのでVO-52狙い。CONDXが上昇し10MHzがOPENし始めました。VO-52に出るため一旦中断。18時過ぎに14MHzで再開すると県内も含めて近距離が開けており、28MHzまでQSYして1時間以上呼ばれ続ける大当たり。これがあるので昼間が廃バンドでも油断できません。

帰りは再び北名古屋市からFO-29、さらに2009年2月以来のSATとなる尾張旭市で運用しました。

|

« 2013年7月15日 大阪から滋賀コンテスト参加 | トップページ | 2013年7月28日 田原市 »

移動運用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013年7月21日 丹羽郡大口町ほか:

« 2013年7月15日 大阪から滋賀コンテスト参加 | トップページ | 2013年7月28日 田原市 »