« 2016年11月13日 23県支部の集い | トップページ | ATAS-100で3.5MHzにマッチングする方法 »

2016年11月20日 (日)

2016年11月20日 XW-2B、2D初運用

新たな衛星XW-2B、XW-2D、EO-79が使えるようになったとのことで、運用を計画しました。

XW-2A~2Fまでの6機があり、2015年10月からは2Eと2Fが使用可能、2Eが間もなく停波。その後、2Aと2Cが使用可能になり、今年1月からは2A、2C、2Fの3機体制が続いていました。そして今回の2Bと2Dの使用開始。

今のところ2A~2Dの時刻がほぼ重なっており、全ての衛星をフルに使用することは困難です。次第に時間がズレて使用範囲が広がることを期待しています。

EO-79は2015年12月に1パスだけ運用したことがあり、その後は休止状態でした。

なお、周波数の図は、あと2~3回運用した後に更新します。

いずれにせよ午前5時台の朝練。サテライトで運用していないQTHとして、2011年11月以来5年ぶりとなる あま市を最初のターゲットとして、その近くを巡回することに。この付近は新市祭りの直後に何回か来ています。ところが、どのバンドもノイズっぽく、運用には向かないようです。

10分ほどの間に2D、2B、2C、2Aが連続してAOSしました。2D、2Bとも一発でループが取れました。2DのSSBも出たいけれど2BがAOS、どちらを取るか迷うところです。午前5時台のためSSBはパイルにならず、2Bの後半でCWの局数が稼げました。2Dよりも2Bが強いという印象です。

続いて津島市で再び4連続パスを待ちました。低めの西パスとなったものの午前7時台で出ている局数が増え、SSBでのコールも多くなりました。2B、2Dともに、パスごとの周波数変化は少ないようで、前のパスで修正したメモリー周波数に合わせると一発で捕捉できました。

弥富市ご希望の局から呼ばれないため、AO-73とFO-29の連続パスは愛西市に移動しました。SATは平常運転。ハイバンドが全くダメだったものの、一瞬の浮きで1バンドだけQSOできることもありました。

EO-79が来るので海津市に移動。EO-79はノイズっぽく、UKube-1ほど激しくはありませんがQSBで落ち込むこともありました。現状ではFO-29と時間が重なることが多いので、EO-79を優先してスケジュールを組むことは少ないと思います。HFは11時頃にScが効いて28MHzまで出来たものの、すぐに落ちてしまった様子でした。

現在、13~16時頃の時間帯は衛星があまり来ません。午前の部の締めとしてFO-29、EO-79、UKube-1は桑名市に移動。低いパスのため、あまり需要の無さそうな場所にしました。ハイバンドは完全にclosedしており、13時前に撤収しました。

本日のサテライトまとめ

  • あま市 XW-2F 7q、XW-2D 6q、XW-2B 12q、XW-2C 12q、XW-2A 4q
  • 津島市 XW-2F 19q、XW-2D 4q、XW-2B 6q、XW-2C 8q、XW-2A 17q
  • 愛西市 AO-73 25q、FO-29 22q
  • 海津市 AO-73 18q、FO-29 34q、EO-79 14q
  • 桑名市 FO-29 13q、EO-79 8q、Ukube-1 15q

|

« 2016年11月13日 23県支部の集い | トップページ | ATAS-100で3.5MHzにマッチングする方法 »

移動運用」カテゴリの記事

衛星通信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016年11月20日 XW-2B、2D初運用:

« 2016年11月13日 23県支部の集い | トップページ | ATAS-100で3.5MHzにマッチングする方法 »