« SCWIG忘年会 | トップページ | 2016年12月28日 沖縄2日目 »

2016年12月27日 (火)

2016年12月27日 沖縄1日目

2016年の年末年始は、長期の休みが比較的取りやすい曜日配列ではないでしょうか。そこで2014年以来2年ぶりとなる沖縄ローラーを半年前から計画しました。

この日は休みに入っていない方も多いので、7MHzなどでの需要が少ないと思われる那覇市、宜野湾市、浦添市の3か所で予告しました。しかし、サテライトやローバンドとなれば話は別で、レアな市の部類に入ります。

那覇市といえば、やはり、湖沼アワードで私が提案した唯一の湖沼である沖縄2番です。ここで運用された某局の情報によると、東側の駐車場が有料になったそうです。その方が駐車スペースが確保しやすく良いのかもしれません。

現地に着くと台風並みの猛烈な風で、レンタカーを借りる時にも書類を手渡ししたりドアを開閉したりするだけでもう大変。漫湖公園に到着し、レンタカー移動セットを展開しようとしても、風雨が強いために物を取り出すだけでもひと手間、ふた手間が余分にかかり、作業が思うように進みません。

運用は西側の無料駐車場にしました。竿を立てようにも風が強くて折れそうなため、ロングワイヤーに10~28MHzまでチューナーで乗せる方式にしました。UKube-1のSSBで湖沼名をアナウンスしたものの、この衛星に独特の信号中断があり、大事なところが伝わらなかったようでした Hi

HFのコンディションは昼間から7MHzがそこそこ。10MHzはコンディションが悪すぎて西日本の強い局が断片的に聞こえるだけです。沖縄で昼間に10MHzの東日本が聞こえないのは珍しく、それだけコンディションが悪いわけです。18MHz UPはカスリもしません。3.5MHzも、ちゃんとしたアンテナなのにカスカスで、SSBは1QSOしただけでした。

宜野湾市に移動するまでに激しい渋滞。風雨はさらに強くなり、気象情報では風速12m/s。車が揺れたり、歩くだけでも風でバランスを崩したりするレベルです。雨も時々降ってきました。レンタカー移動セットではアンテナを固定するための機材が限られており、車内に雨が吹き込む状況は避けたいので、このような天気では不便を強いられます。

16時台の宜野湾市は10MHzがカスカス、14MHzがそこそこ強かっただけで、18MHz UPは無感。夕方の7MHzはそこそこでした。XWシリーズの衛星5連発の後、こちらも日没となったため1.9MHzを先回り。QSBが激しいながらもノイズレベルが低く、そこそこの信号強度。

宜野湾市の1.9MHzは以前は超レアで、2008年に私が第1回の運用をした時には某局が「宜野湾1.9は10年に1回」とおっしゃっていました。その後もう1回運用して、今回が3回目です。

3.5MHzでは天然のノイズがS5まで振っており、良くない兆候が現れてきました。この場所は20時で閉門のため、AO-73だけ運用して次の浦添市に移動しました。

浦添市でローバンドのアンテナを展開すると、伸縮ポールがクネクネ曲がってしまう猛烈な風。アンテナの断線や故障の可能性も考えられます。1.9MHzは西日本の強い局が辛うじて聞こえるだけで、コンディションは最悪。イオノグラムを見ても電離層がほとんど見えませんでした。進行波電力はしっかり50W出ており、コンディションの問題です。3.5MHzは伝搬は存在するものの、ノイズが強烈で聞くのがつらく、さらには145MHz帯のAO-73のダウンリンク周波数にも空電ノイズが入り込んできて、もうどうにもならない状態。伸縮ポールが壊れる前に早々と撤収しました。

|

« SCWIG忘年会 | トップページ | 2016年12月28日 沖縄2日目 »

移動運用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016年12月27日 沖縄1日目:

« SCWIG忘年会 | トップページ | 2016年12月28日 沖縄2日目 »