« 2016年12月28日 沖縄2日目 | トップページ | 2016年12月30日 沖縄4日目 »

2016年12月29日 (木)

2016年12月29日 沖縄3日目

沖縄本島北部の町村ローラー。場所によっては平地が無かったり、本州方向が開けていなかったりしてサテライトに困ることがあります。

国頭町以外は運用したことがあり、運用場所は何とかなりそう。サテライトのパスの間に効率的に移動することが今日のミッションです。

朝の最初の予告は名護市、HFでは需要が無いだろうと考え、金武町のサービスエリアで軽くHFを運用。時間的に7MHzと10MHz限定で、よく呼ばれました。

名護市はサトウキビ畑の行き止まりの道で運用。7MHzのコンディションが良く、パイルが30分以上も続きました。名護市は本当は需要が多い? さらに10MHzも絶好調で、あっという間のパイル。18MHz UPは素早く巡回してみたものの、気配はありませんでした。

宜野座村はサトウキビ畑の道端で運用。ここはレア町村だろうと予想した通り、7MHzも10MHzもパイルが厚くなりました。さらに14MHzも開けて良さそうな感じ、しかし18MHzは何も聞こえませんでいた。冬の沖縄のハイバンドは平均するとこんな感じでしょうか。

夕方のサテライト時間帯の前に、まずは大宜味村に立ち寄ってUKube-1とHFだけ運用することにしました。海岸の駐車場を利用。海側からの強風でアンテナや車が塩だらけに…。気象情報では風速10m近いとのことで、釣竿アンテナにステーを張って運用しました。大宜味村はレア町村のはず。道の駅の本州側に山があり、敷地は狭くアンテナを設置するスペースも無いため、運用の機会は限られると思います。7MHzと10MHzはしっかり運用できました。

東村は2年前にも運用した、名護市から入ってすぐの駐車場です。夕方になり14MHzが良くなってきた他は、7MHzも10MHzも毎度のパイル。山間部のため、XWシリーズ3連発はLOSが若干早めでした。それ以降のパスで大宜味村と国頭村から運用するためには贅沢は言っていられません。パスの間のわずかな時間で大宜味村に再び移動し、猛烈な強風の中でXW-2Fを運用。LOS方向に海があると最後の粘りが違います。

国頭村は日没後で場所が分からないので、とりあえず海岸へ。砂浜の空き地で運用しました。サテライトはXW-2AとAO-73の2パス出来れば大丈夫。あとはローバンドです。前日よりもコンディションは良くなり、ノイズレベルも低めだったものの、7エリア、8エリアは例年の冬とは違ってかなり苦戦。ここから宿までは2時間近くかかるため、20時30分に撤収しました。

サービスエリアで一休みしていたらFO-29が来ることに気づき、早速運用。北東側のロケが悪く、ビーコンがなかなか聞こえなくて焦りましたが、何とか無難に運用できました。

|

« 2016年12月28日 沖縄2日目 | トップページ | 2016年12月30日 沖縄4日目 »

移動運用」カテゴリの記事

コメント

久しぶりにNEWが一つ増えてうれしい
耳が良いですね、同日鹿児島にもNEWが
有ったけど、強くきていたけど全く
相手にされません。

投稿: わたる | 2016年12月30日 (金) 09:55

いつもありがとうございます。
沖縄はノイズレベルが高く、耳が痛くなりながら頑張って聞いています。

投稿: JO2ASQ | 2016年12月30日 (金) 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016年12月29日 沖縄3日目:

« 2016年12月28日 沖縄2日目 | トップページ | 2016年12月30日 沖縄4日目 »