« 東京23区 144~1200MHz CWのQSO数 | トップページ | Web会議によるアマチュア無線講座の試案 »

2020年3月28日 (土)

会員とJARLがwin-winになるためのアイデア出し

ふと思い立って、表題のアイデア出しをしてみました。twitterに書き連ねたものを、まとめます。アイデアは自由にお使いください。

  • JARLでクラウドファンディングをやってほしい。若者の発想。
  • あと、電子会員の創設。紙QSLの受け取りは可能だが、JARL NEWSが紙で送られてこない。会費は安いけれど、JARLの利益にもなるような料金設定。
  • もう一つ思い付いた。1WAY QSL会員。紙QSLの発送は可能だが、受け取りができない。会費は少しだけ割安w
  • JARL以外の記念局にとっては、費用負担が減って良いかも。
  • 例えば、紙JARL NEWS無しの会費が6,000円/年、紙JARL NEWSはオプションで1,200円/年を追加、とすると、安くなった感じがしますよね(笑)。(追記:オプション無しを選択する方が、JARLが儲かる仕組みにする。消費者心理を考える視点が必要。(コメント頂きました。Tnx JN4MMO)
  • (追記:受付はWebのJARL会員マイページのみでOK。申し込み後、会費滞納等が無いことを確認してから承認される。まさか、申込用紙を郵送、なんてことはしませんよね。)
  • (追記:「会費収入は減るけれども、それ以上に支出が減ることで、JARLの利益になる」ことの説明が必要。それがないと、「会費収入が減る」で思考停止、拒絶する人が出てくる。
  • 若い人が「アマチュア無線をやって良かった」という体験談、ロールモデルのようなものを公開してはどうか。企業の募集要項等でよく見かけますよね。賛同者がいれば、私も執筆します(笑)。
  • ハムフェアの作文コンクールを復活させてほしい。「無線の楽しさ」「無線をやっていて良かったこと」などのベタなテーマで良いので。コストを掛けずにアマチュア無線の楽しさをアピールできるし、(追記:当時の郵政大臣から)表彰されたことが私はとてもうれしかった。(追記:入賞者にはハムフェアの入場券のみが贈呈され、交通費は出なかったので、表彰式には出席しておりません。)
  • ボランティアで審査員やります hi
  • 今の状況では「スポンサーやります」の方が良いかな?(追記:「入賞者の作文が印刷された冊子」が必要ですね。費用が少しかかるかも。「抽選でハンディ機が当たる」よりもステークホルダーが多く、費用対効果は高い。)
  • 免許が無くても応募できるし、1人で表彰式に来られる方は少なく、保護者や関係者が同伴されるので、アピール効果は抜群。
  • 私が中・高校生だったら、例えば同じ県の人が入賞していたら「ちょっと見てみよう」と思う。
  • (追記:コンテストのジュニア部門等では、入賞の可能性が設備に依存してしまい、親やクラブ局と設備共用できる人が有利になる。絵画コンクールでは、絵の才能が無い人は何もできない(笑)。作文ならば、入賞可能性がある人の裾野が広がる。
  • 「なぜ立候補したのか」強い想いがあっても、言葉にできない部分が多い方もいらっしゃると思います。Wikipedia: 管理者への立候補/ログ は表現の参考になるかもしれません。 
  • アマチュア無線の世界では「資格や技術があれば、子どもでも大人に勝てる」ことが1アマ取得の一つの動機になった。このことは後の世代に伝えておきたい。(いいね!を多数いただきました。ありがとうございます。)

-・・・-

以下、長くなるのでtwitterではなく、こちらに書きます。

  • Web会議(Zoomなど)で会長と直接トーク。毎回テーマを決めて、発言者は全員が発言できる程度の人数で、事前に募集しておく。傍聴は誰でも可能。会長が一方的にしゃべる番組よりも、深い話ができる。
  • Web会議で、実際の交信と同じような会話形式によるロールコール。コールサインで呼び合って仮想のレポート交換。無線機が無くても、交信のスタイルに慣れることができる。PTTを押したときだけ片通話できる仕掛けがあれば、なお良い。
  • 自作品コンテスト:ドローン部門(アマチュア無線の免許が必要な機器に限る)、HF徒歩移動セット部門
  • CW入門講座をWeb会議で開催(複数のグループに分かれての演習は難しいので、進行はWeb会議特有の方法になるかもしれませんが)。会場費が不要。打った符号をPCに入力する係の人がいて、電文の内容をその場で解説。
  • 大学の先生がよくやっている「オフィスアワー」(決められた時間帯に教授室を訪問して自由に質問できる)のアマチュア無線版を、Web会議で。
  • 「出欠確認ハガキ」は、郵送を希望しない人には廃止して、無料の電子アンケートシステムへのリンクをメールで送付する。メールに記載されたURLをクリックして回答すれば、処理完了。
  • 民間企業のコスト削減・合理化事例についてヒアリングする。それこそWeb会議を使って、事前に資料を作成し、議事録作成も効率的に進める。現状では「これは経費の無駄」と指摘する人はいても、対案・解決策まで提案できるJARL関係者は非常に少ない。
  • (若い世代の方への参考:昨今の情勢により、ある程度以上の規模の民間企業で、在宅勤務ができる職種の人は、Web会議を使って or 使わされている方が非常に多いと思われます。就職活動も同様でしょうか。これをJARLに活用したいという着想です。)
  • 「過疎化した地域で、利益を得て成功した事例」の方が、今のJARLにより近いかも。
  • 昔のJARLグッズ、書籍等の在庫をオークションで販売。アマチュア無線全盛期の様子が分かる資料は、ニーズがあると思う。定価は付けず、価格は競争原理にゆだねる。
  • 各支部、クラブ等が作っている「アマチュア無線ガイド」「運用マニュアル」のリンク集を作る。入門者向けの説明は、一つで全てが賄える完璧な物は作れない。いろいろな選択肢を提示することで、アマチュア無線の世界を幅広く知ってもらう。

|

« 東京23区 144~1200MHz CWのQSO数 | トップページ | Web会議によるアマチュア無線講座の試案 »

What's JO2ASQ?」カテゴリの記事

コメント

> 若い人が「アマチュア無線をやって良かった」という体験談

 作文コンクール、シニアの部も。ニューカマー当時の体験を語って貰いたい。
 テーマと字数を指定してコンペ。
「免許取得奮闘記」、「はじめて半田ゴテ握ったときの思い出」、「私の最も愛する真空管(or半導体)その1本」etc。こういうの、私も読んでみたいものだ。
 私自身も書いてみたくなる。その昔地域クラブの会報に寄稿したときの、そのノリで。

投稿: nud | 2020年3月29日 (日) 23:00

インターネットの時代だからこそ、
こういう企画は盛り上がりそうですね。

この続編もありますが、
選挙期間中はヤバそうなので、公開は差し控えます hi
どこかで機会があれば。

投稿: JO2ASQ | 2020年3月30日 (月) 20:35

>Web会議で会長と直接トーク

5月開催のZoom理事会、会長が発言ボタンを独占し、批判的理事の発言を許可しませんでした。
開催されたとしても、事前に発言内容を提出させて、批判的な会員を選定しないという事が99.99%予想されます。
単なる茶番かつ会長の宣伝にしかならない気がします。
発言権を会長以外の方に出来れば面白いかも

投稿: JE1CKA 熊谷 | 2020年6月 9日 (火) 09:51

こちらの記事は、件の理事会以前に書いたものです。
現実が妄想を超えてしまいました…

投稿: JO2ASQ | 2020年6月 9日 (火) 19:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京23区 144~1200MHz CWのQSO数 | トップページ | Web会議によるアマチュア無線講座の試案 »