« 1.8MHz帯のアンテナ | トップページ | 連休中の成果 »

2020年5月 1日 (金)

新衛星 DOSAAF-85(RS-44)

新しい衛星 DOSAAF-85(RS-44)のリニアトランスポンダが、4月30日から利用可能になったようです。

 

諸元

Transmitter power: 5 watts
Beacon: 435.605 MHz – transmits CW call sign RS44

Inverting transponder:
Earth-to-Space: 145.965 MHz +/- 30 kHz
Space-to-Earth: 435.640 MHz +/- 30 kHz

この衛星の特徴は、高度が高いため、JAから現在利用可能な衛星としては、最も遠方と交信することが可能です。

また、トランスポンダの帯域が60kHzと広いことにも、期待が持てます。

(5月1日23:00追記:CALSAT32で http://www.amsat.org/amsat/ftp/keps/current/nasa.all からデータ取得すると、RS-44が含まれています。以下は参考に)

CALSAT32で軌道計算する設定を手動で行う場合、Calsat32.exe と同じフォルダにある ELEM.TXT をメモ帳等のエディタで開いて、の末尾に軌道要素を貼り付けます。

この時、ブラウザの自動翻訳機能を通して R4UAB のサイトから軌道要素をそのままコピペすると、エラーになりました。これはスペースの位置誤りが原因で、オリジナルのロシア語サイトから直接コピペするか、1行目の 19096E の後にスペースを2個追加してスペース3個にすると、正常に動作します。

---

(2020.5.17追記)

周波数の図を更新しました。

| |

« 1.8MHz帯のアンテナ | トップページ | 連休中の成果 »

衛星通信」カテゴリの記事

コメント

FBな情報ありがとうございました

投稿: IRH | 2020年5月 1日 (金) 20:57

QSO TNX

投稿: JO2ASQ | 2020年5月 1日 (金) 21:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1.8MHz帯のアンテナ | トップページ | 連休中の成果 »